障害者の雇用に関して〜企業側と障害者側の意識のあり方

身体障害者の新しい障害者の雇用

PAGETITLE
能力は人並み以上あるのにもかかわらず、体の一部が機能せずに普通の仕事に就くことができない身体障害者の雇用問題は深刻化しています。能力があるのにもかかわらず、単純作業しかさせて貰えなかったりするケースが非常に多いのです。でも数年前、新聞でこのような生地に遭遇しました。能力が高い身体障害者向けに在宅の仕事を提供することで、一般勤務の社員と同じくらいの給料を与えてくれる会社があるというのです。在宅でしたらパソコンを使えばお金を稼ぐことができます。

それにもっとすごいのが自分のパソコンスキルを活かして身体障害者が自らIT企業を立ち上げて凄い売り上げを挙げていることです。これは本当にすごいです。まさに障害者という壁を取り払って、自分のスキルを信じて社会と対等に仕事をしているのですから本当に頭が下がります。しかもここの社長さんは自分と同じような身体障害者さんを積極的に採用しているそうです。本当に時代が変わりました。