障害者の雇用に関して〜企業側と障害者側の意識のあり方

車いす生活を送る障害者の雇用

PAGETITLE
脊髄損傷などで生涯車椅子生活を送らざる負えない身体障害者さんは意外と周りに存在するものです。こうした方々でも生きていくためには仕事をしてお金を稼いでいかないといけないのです。頭は普通の人波にしっかりとしているが、脚だけは動かすことができない身体障害者の雇用は一体どうなっているのかと調べたところ、最近ではインターネットのおかげで大企業を中心にテレワークという在宅の仕事で採用しているケースが増えてきているのです。

在宅でしたら苦労して電車に乗車してオフィスまで向かうことなく、自宅で仕事の環境を整えて、普通に上司や同僚たちと仕事をこなしていくことができます。こうした取り組みは本当にありがたいですし、障害者の自活を一掃に促してくれるのではないかと思いました。今の時代はパソコンとインターネットのおかげで車いす生活を送られている障害者さんも普通の方と同様に仕事をこなす音ができて本当に良い時代になったと思いました。