障害者の雇用に関して〜企業側と障害者側の意識のあり方

ひっそりとある障害者の雇用

PAGETITLE
休日になったら家族と一緒に家電や激安洋服などを取り扱う大手量販店へ遊びに行くことが多いです。本当に品数が非常にたくさんありますし、大手量販店へ行けば必ず欲しいものを手に入れることができると言っても過言ではない場所だと思いました。それに店員さんの質も良いので、こちらが質問をするとすぐに返答してくれるので非常に助かります。でも表に立っている店員さんしか私たちは知りませんが、お店を支えてくれているのは、他でもないバックヤードで働いている障害者たちなのです。

大企業ではある程度障害者の雇用をしないといけない制度があり、品物を多く取り扱う大手量販店においては非常に重宝されている雇用です。商品を保管するバックヤードでは日々障害者たちが商品のチェックをしたり品出しをしたりしているのです。お客さんが見えないところで必死に働いてくれているので、こうした良い商品を手に入れることができるのは障害者の力があってこそだと思わないといけないです。