障害者の雇用に関して〜企業側と障害者側の意識のあり方

工場での障害者の雇用について

PAGETITLE
結婚してから大手機械メーカーの工場で働いていました。本当にすごく大きな工場で、もちろん多くの人が雇われていましたし、自分が住んでいる街はこの工場で生活ができていると言っても過言ではないくらいの規模です。だからお隣さんやご近所さんなども同じ部署ではないですが、大手機械メーカーにたっぷりとお世話になっているのです。私が働いていた製造ラインには、障害者と思われる従業員が数名働いていました。会社に入った当初は、ちゃんと仕事ができるのかなと心配だったのですが、逆に私が始動されるくらいにしっかりとした仕事をこなしているのです。

あの集中力は健常者以上ですし、上司からもすっかり信頼されているのです。こうして工場が障害者の雇用を積極的に行ってくれるおかげで、支援学校を卒業してから仕事に就くことができ、仕事を覚え、給料を得て自活することができているのです。こうした取り組みはできるようでなかなかできないことです。